CATEGORY

CONTENTS

CALENDAR

初心者のためのモービルへの取り付け方法

モービル運用を始めたいけど、取り付け方がわからないという方のために、無線機や基台の取り付け方や同軸ケーブルの引き回し方などをご紹介します。

11年ぶりに我が家に新車がやってきました。車種は、トヨタのアイシス。
無線機やアンテナの取り付けするのを機会に、工程の写真を撮りました。

雨が降っていたために車庫内での取り付けになってしまいました。
フラッシュをたけずに撮ったり、狭い空間での撮影になったので、うまく撮れていない写真もあります。
また、途中で店頭にお客様が見えたり、電話・メールの返信などで途中経過の写真が撮れず、取り付け後の写真(基台の取り付け・ケーブルの引き回しなど)になってしまいました。
モービル機の取り付けの参考にしてください。

ご不明な点やお問い合わせは、メールまたはお電話(TEL:0558-72-2961)でお気軽にご相談ください。

セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け

古い無線機で、ちょっと恥ずかしいのですが…。
まだまだ使えるので、以前から取り付けていたケンウッドのTM-733Sをそのまま使用しました。
今の車は、無線機を取り付けるスペースが少ないので、セパレートで取り付けます。

セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
1.まず、コントロールパネルの取り付け。なかなか良いスペースがなく、(1)の位置に取り付けることにしました。
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
2.コントロールパネル用の取付金具を設置。我が家の車ですので、ネジでしっかり止めましたが、車を傷つけたくないという方は、両面テープでもOKです。
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
3.専用の取付金具で取り付けると、コントロールパネルの角度調整ができるので、便利です。コントロールパネルと本体の接続コード(1)の引き回しを考えます。
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
4.コントロールパネルと本体の接続コードを露出で引き回してもいいのですが、見えないようにしたいということで、AとBのグローボックスをはずして引き回すことにします。
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
5.Aのグローボックスは、取り外すには大掛かりになるために断念し、(1)の位置に穴を開けてしまいました。
このとき、コントロールパネル側の方が本体側の接続コードのコネクターに比べ、小さかったので(TM-733の場合)、こちらのコネクターの大きさに合せて穴を開けました。
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
6.ホームセンターなどで売っている下のようなコードカバーで接続ケーブルを固定します。
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け

7.Bのグローボックスは、簡単に外れたので、(1)のようにコードを引き出し、Bのグローボックスの下に出し、(2)の後ろにケーブルを通して、運転席側にもっていきます。助手席側にはコードが出ずにすっきりします。

セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
8.電源コードは、Bのグローボックスの中にあるヒューズボックスから取ります(赤+)。このとき、アクセサリーなどのヒューズから電源を取るとキーと伝導していますので、エンジンを切ると無線機の電源も切れてしまいます。無線機の誤動作を防ぐために電源は、無線機の電源スイッチで切るようにしましょう。そのためには、ブレーキのヒューズから取ることをおすすめします。
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
9.マイクと外部スピーカーを取り付けます。
マイクは、WiresのためのDTMFマイクです。
外部スピーカーは、取り付けスペースがないためにダイヤモンドの一番小さなスピーカー P610です。
両面テープで貼り付けてあります。
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
10.電源コードもコントロールパネルと本体の接続コードと同様に引き回し、スピーカーケーブルとともに結束バンドなどで止めて、本体を置く運転席の下まで引き回します。
セパレートタイプの無線機(ケンウッド TM-733S)の取り付け
11.電源コードの黒い線(-)は、運転席のシートをとめてあるボルトなど金属製の物にとめてアースを取ります。

ハッチバック用基台の取り付け
(ダイヤモンド K412)

ハッチバック用基台の取り付け
1.(1)に基台を取り付けます。
ハッチバック用基台の取り付け
2.ハッチを開け、基台を取り付ける位置の厚みを確認します。
ハッチバック用基台の取り付け
3.基台を仮止めし、ケーブルを取り付けます。(メールの返事を書いていたため、細かい写真がありません。)
ハッチバック用基台の取り付け
4.同軸ケーブルを引き回す前にアンテナを立て、基台に付属している六角レンチでアンテナがまっすぐ立つように調整をします。アンテナがまっすぐ立った状態で、基台の各ネジを六角レンチでしっかり締めましょう。

同軸ケーブルの引き回し
(コメットFSシリーズ)

同軸ケーブルの引き回し
同軸ケーブルの引き回し

1.アンテナ側の引き込みケーブル(RG/174AU)は、1mタイプのT1Mを使用。ハッチバックの場合は、1m以上の物を選んだ方がベストです。ケーブルを這わせる場所にケーブルステッカーを先に貼っておき、ケーブルを挟み止めていきます。(2枚目の写真は、後日お天気のいい日に撮ったものです。)

同軸ケーブルの引き回し
同軸ケーブルの引き回し

2.ケーブルステッカーは、マイナスドライバーを当て、上から軽く叩いて(1)のようにつぶしておくとケーブルが外れにくくなります。

同軸ケーブルの引き回し
同軸ケーブルの引き回し

3.引き込みケーブルは(1)の間に挟みこみます。
(2)がポイントです。そのまま挟み込まず(2)のように少し遊びをもたせ、上に持ち上げてやることで車内に雨が入らないようにする雨だれ対策となります。

同軸ケーブルの引き回し
同軸ケーブルの引き回し
同軸ケーブルの引き回し
同軸ケーブルの引き回し

4.引き込みケーブル(RG/174AU)は1mタイプのT1M、無線機側ケーブル5DQEFVは3.5mタイプのF535Mを使用しました。
ケーブルの引き回しをしている途中で、お客様が見えたために経過の写真がなく、引き回し後に撮った写真となりました。本体は、運転席の下に置いてあります。

取り付け後の写真

取り付け後の写真
取り付け後の写真
取り付け後の写真
取り付け後の写真

同軸ケーブルや電源コードなどは、マットの下に隠れ、車内はすっきりしております。
運転席の下に置いた本体は、放熱のためにマットの下に置かないでください(写真は、マットがかかっているように見えますが、本体にマットはかかっていません)。

取り付け後の写真
取り付け後の写真

アンテナは、通常はマルドルのAX-50、ちょっと遠出をする時は長めのアンテナ、ダイヤモンドのSG-M510を使用します。

少しは、モービル機取り付けの参考になったでしょうか?
もう少し細かく写真を撮りたかったのですが、通常の営業をしておりましたので、ご容赦ください。

ご不明な点やお問い合わせは、メールまたはお電話(TEL:0558-72-2961)でお気軽にご相談ください。