CATEGORY

CONTENTS

CALENDAR

HOME»  受信機とオプション»  【ポイント5倍】【送料無料】【お取り寄せ】DX-R8 アルインコ 0.15~35MHz帯 デスクトップレシーバー DXR8

【ポイント5倍】【送料無料】【お取り寄せ】DX-R8 アルインコ 0.15~35MHz帯 デスクトップレシーバー DXR8

 
こちらの商品は、誠に申し訳ありませんがお取り寄せ、またはメーカー直送になります。
通常は、当店営業日から2~5日で入荷しますが、メーカー在庫がない場合、お待たせすることがあります。
お急ぎの場合、メールまたはお電話(0558)72-2961でお問合せください。

  • 【ポイント5倍】【送料無料】【お取り寄せ】DX-R8 アルインコ 0.15~35MHz帯 デスクトップレシーバー DXR8

  • 型番・品番

    DX-R8

  • 販売価格

    50,050円(税込)

  • ポイント還元5%
  • メーカー希望小売価格

    62,648円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • サイズ: 240W×94H×255Dmm ( 突起物含まず)
    重 量: 約4.1kg
    遠くから飛んでくる電波を捉まえたい!
    長波~短波帯をオールモードでカバーするデスクトップタイプのレシーバー
     DX-R8は、150KHzから35MHz帯を全電波型式で受信するジェネラルカバレッジ・レシーバーとして、各種放送、海上・航空他短波業務通信、さらにHFDL・FAX・NAVTEXといったデータ通信のデコードからIQ信号をパソコンに入力できるため注目のデジタル短波放送DRMの受信にも威力を発揮します。
     直感的に操作できるボリューム、スケルチ、RIT、IFシフトの独立ノブ、大きな液晶、周波数入力やよく使う機能に直接アクセスできるキーパッド、フロントパネルに付属するスピーカーなど使いやすい操作性を実現すると共に、フロントパネルを取り外せるセパレートタイプですからパソコンラックなど狭いスペースにも設置しやすくなっています。
     SDR(software defined radio)の登場に刺激されて密かなブームが起きている中波/短波無線受信ホビー向けのレシーバーとしてアルインコでは初めてのデスクトップタイプです。
    【おもな特長】
    ●150KHz~35MHzをSSB(U/L)/CW(U/L)/AM/FMモードで受信。さらにIQ信号と検波信号の出力ポートをリアパネルに装備しており、フリーウエアのSDRソフトを使えばECSS(exalted carrier selectable sideband方式での自動同期AM受信)受信やフィルタ帯域を調整してノイズや混信を避け、さらに受信中の帯域周辺を録音して後から受信し直すようなことまでできるようになります。(VFOは30KHzから表示しますが、150KHz以下の長波帯は定格保証外の性能です。)
    ●長波のNDB航空標識信号やAM放送、中波のラジオ放送・灯台・海上交通放送・NAVTEX(船舶向け文字データ安全情報放送)、短波のアマチュア無線・海外放送・船舶・航空無線・気象FAXや航空機データ通信のデコード・海岸局や海上保安庁の通信といった、V/UHFでは聞くことができない多彩な受信を楽しめます。
    ●デュアルVFO搭載、2つの周波数を切り替えて交互にワッチすることが手軽にできます。
    ●フロントパネルセパレーション式のボディは240(w)×94(h)×255(d)mm 、スピーカーやイヤホンジャックはフロント側に搭載しているので、延長ケーブルEDS-17(5m)を装着するだけの手軽さです。重量は約4.1Kgとコンパクトで下部に折りたたみ式スタンドが標準付属、市販の吊り手やモービルブラケットが使えるビス穴も付いており、ノイズの少ない郊外へ出向いての移動ワッチやモービル受信時のフットワークも軽快になります。
    ●7桁英数記号表示が可能な600chメモリー(200ch x 3バンク)とモード毎に設定可能な周波数ステップを採用しました。
    ●VFO、メモリー、プライオリティスキャンと多彩なスキャンモード。タイムモードは設定した時間でスキャン再開するためスケルチ解放でも動作、データ信号の周波数をメモリータイムスキャンで巡回受信させるような使い方ができるように工夫しています。
    ●±1ppmの周波数安定度、オーディオ出力2W、優れた選択度と受信感度、IFシフトとRIT機能など通信型受信機と互角の性能を持ちながらリーズナブルな価格を実現。(DX-SR8や他の通信機と同期させてのトランシーブ操作はできません。)
    ●ナローSSB(1.0KHz)/CWオーディオフィルター(500Hz)、スケルチ、RFゲイン調整、ミュート端子、ダイヤルロックとキーロック、RXランプ、オートパワーオフ、スリープタイマーetc...快適なリスニングに欠かせない機能はすべて網羅しています。
    【ソフトウエアを使った受信について】
    アルインコ<株>で下記のソフトについてDX-R8とパソコンを接続して動作確認しております。

    1:KG-HFDL(シェアウエア・日本語) 
    短波帯のACARSである航空無線データプロット用。
    市販の3.5mm ステレオミニプラグ付きケーブルが必要です。
    ERW-7 を併用すると、ソフト上から100以上あるHFDL用周波数・モード・AGC 設定へのワンクリックによる自動変更、並びに運用周波数が変更されたときに自動的に追従する便利な自動制御機能に対応できます。

    2:WINrad( フリーウエア・英語ソフト) 
    帯域録音機能付きのSDR ソフト。
    市販の3.5mm ステレオミニプラグ付きケーブルでパソコンに接続、IQモードにすればプログラム上でスペアナ、フィルタ帯域可変、ECSS 自動同期など本機が持たない機能を使った受信が可能になります。またソフト上で約20KHz の帯域を録音、保存、再生できます。他のSDR フリーソフトでも使える物がありますが、WINrad も含めて現時点では全て英語ソフトばかりです。
    アルインコからERW-7を使うメモリー編集ソフトが発売予定です。

    アルインコのホームページにソフトの簡単なご紹介やリンク先、周波数リストなど紹介されていますので、ご参考にしてください。(外部リンクできないため検索サイトで検索してください。)

    ※アルインコ及び当店では、これらソフトの使い方をステップバイステップでご説明するサービスは行っておりません。PCやケーブルといった他社製品との組み合わせや相性の問題については保証の対象外となりますので予めご了承ください。

    ■付属品
    ● DCケーブル EDC-37(スペア部品価格¥840)
    【ご注意】DX-R8に電源は付属しておりません。別売の安定化電源DM-305MVなど(3A級以上)が必要です。(スイッチング方式のAC アダプターはノイズの原因になるのでお使いになれません)
    ■アクセサリーについて
    ● セパレートキット EDS-17
    ● 安定化電源  DM-305MV
    ● モービル用DCケーブル EDC-36
    ● PC接続ケーブル  ERW-7
    (本体の側面には市販品のハンドル、モービルブラケットとゴム足を取り付けられるビス穴を装備しています。)

    EDS-17 を使ったフロントパネルセパレーションとDM-305MV 安定化電源
    (EDS-17、DM-305MVは、別売りです)

    【DX-R8の背面】
    ●アンテナ端子:M型メス
    ●ミュート端子:RCAピンプラグ
     簡単なスイッチを自作することで受信中の音を無音化したりVFO のA/B バンド切り替えができます。
    ●AF端子:RCA ピンプラグ
     オーディオフィルタを通る前の検波信号( 約50mV)を取り出せます。
    ●CLONE 端子:3.5mmステレオミニプラグ
     ERW-7を接続することでPC につないでメモリーユティリティなどDX-R8 対応ソフトが使えます。
     DX-R8はKG-HFDL ソフトの周波数自動制御機能に対応しています。
    ●IQ信号端子:3.5mm ステレオミニプラグ
     IQ信号をパソコンのLINE-IN端子に入力することでサードパーティ製ソフトウエアが使えるようになります。
    ●DC電源端子
     付属のDC ケーブルと別売の安定化電源をつなぎます。
    ≪ おもな定格 ≫
    周波数範囲: 0.150 ~34.99999MHz (表示は0.030から)
    電波型式: J3E(LSB,USB),A1A(CW),A3E(AM),F3E(FM)
    アンテナインピーダンス(出力端子): 50Ω/M型
    電源電圧 / 外部端子: DC 13.8V±15%
    接地方式: マイナス接地
    消費電流: 最大 約1.0A(待ち受け時 約0.7A)
    周波数安定度: ±1PPM以内(-10℃~+60℃)
    中間周波数: 1st:71.75MHz / 2nd:455kHz
    受信方式: ダブルコンバージョン・スーパーヘテロダイン
    低周波出力: 最大100mW 以上( 8 Ω負荷時)
    受信感度:
    (記載の帯域内における代表的な数値であって、
    全帯域を保証するものではありません。)
    SSB/CW (S/N 10dB) :
     0.15~1.8MHz 0dBuV(1uV)
    AM(1KHz、30%変調) :
     0.15~1.8MHz 20dBuV(10uV)
    1.8MHz~30MHz 6dBuV(2uV)FM (12dB SINAD) :
     28~30MHz -6dBuV(0.25uV)
    選択度: SSB/CW/AM
    2.4KHz(-6dB) / 4.7KHz(-60dB)
    FM
    8KHz(-6db) / 30KHz(-50db)
    低周波出力(10%歪): 2W以上(8Ω負荷)  低周波インピーダンス : 8Ω
    RIT可変範囲: ±1.2KHz
     ※定格、仕様は予告なく変更されることがあります。
     ※本製品を使用するのに無線局免許や資格は必要有りませんが、特定の相手方に対して行われる通信を聞いて知り得た内容を悪用すると電波法により罰せられます。
     ※サードパーティソフトの一切の権利は提供元企業、作者等に帰属します。弊社ではそれらの動作について一切の保証や責任を負うことは致しかねます。

関連商品