むせんZONE25
WiRES-X お客様の車への取り付け例 モービル機の取り付け方法 バイクへの取り付け方 ハンディ機の選び方
【固定アンテナなど長尺物(160サイズ以上)の販売を再開しました!】
販売を中止しておりました160サイズを超える固定アンテナの販売を再開しました!
単品での発送(他の商品と同梱不可)となり、170サイズを超える商品の送料は別途お見積りとなります。
トップページへ カゴの中を見る 店舗のご案内  支払い方法 店長の部屋 お問合せ 
JE2ZUF
クロネコDM便
生産終了
 
★★ お願い ★★
  遠くからわざわざ実店舗までおいでいただくお客様が多くなってまいりました。
 ご近所とのお付き合いなどで定休日以外にも実店舗をお休みさせていただくことがあります。
お手数ですが、おいでいただく前にメール、電話0558-72-2961でご連絡ください。


アマチュア無線オールモード機とオプション

アマチュア無線 FMモービル機とオプション

アマチュア無線 FMハンディ機とオプション

旧アマチュア無線機のオプション

日本全国・海外とつながる WiRE

免許のいらない特定小電力トラン

ワイドバンドレシーバーとオプション

アマチュア無線・受信機用アンテナ各種

固定用アンテナ
モービル用アンテナ
ハンディ用アンテナ

モービル用アンテナ基台

アマチュア無線 同軸ケーブル

アンテナローテーター

ルーフタワー、アンテナ取付金具

アンテナ関連商品

無線機周辺機器

マイクとイヤホン

アドニス製品

固定用安定化電源

SWR計・アンテナアナライザー

トランシーバー用外部スピーカー

変換ケーブル・変換コネクター

コネクター各種

モールス関連商品・・・電鍵とCW

アイディアを形にするアサップシステム

各種申請用紙、ログ・コンテスト

アマチュア無線問題集と各種書籍

未掲載商品購入チケット

 

 

店長の部屋

店長の相磯
こんにちは!店長の相磯です。
よりお買い物しやすいページにするためにホームページのリニューアルの準備中です。
お楽しみに・・・。

店長の部屋はこちら>>

携帯ページ


HOME»  コンテンツ»  D-STARとは

D-STARとは

★★★ D-STARとは? ★★★

D-STARシステムとは、JARL(社団法人日本アマチュア無線連盟)が開発した
音声通信やデータ通信をデジタル方式で行う新通信方式で、
 レピータを中継して幹線系通信で接続するデジタル通信システムです。

 
【主な特徴】

 1.レピーター局やアシスト局、インターネットを経由することで、遠距離通信が可能です。
 2.デジタル音声通信では、アナログ音声通信にある変調度の変化が非常に少なく、ノイズのないクリアな受信音質で交信が楽しめます。デジタル通信による雑音のない快適な待ち受け受信が可能で、高品質音声通信ができます。
 3.D-STAR対応のトランシーバーには、コールサインなどの情報を設定して、音声データと同時に送信するような機能がありますので、交信相手局コールサインを指定した「ノイズのない快適な待ち受け受信」が可能です。
 4.D-STARのデジタル音声通信では、音声と同時に静止画像などの小さなデータを添付して送信することも可能です。



 レピータを使わないローカル局間のトランシーバー単体同士での交信やデータ通信にも活用できます。
 デジタル音声通信では、コールサインを指定した待ち受け受信も簡単にできます。
 また、デジタルデータ通信を気の合うローカル局が集まって活用すれば、ローカル局間のパソコンデータのネットワーク共有など無線LAN的な使い方も、簡単な設定だけでできます。

 
★★★目的別設定法(ID-1)★★★
■ レピータエリア内の局と交信したい ■

同じレピータエリア内の局と相手のコールサインを指定し、レピータを介して交信することができます。

≪レピータエリア内の局と交信≫
D-STARとは

ID-1(JA3YUA局)の設定
RPT1に自局からのアップリンクのレピータ、
RPT2には相手局へのダウンリンクのレピータコールサインを設定します。

D-STARとは
※ID-1本体で設定する場合は本体のメモリ機能を使って、レピータや相手局のコールサイン等を設定します。
■ 異なるゾーンの局と交信したい ■

異なるゾーンの局と相手のコールサインを指定し、レピータおよびインターネットを介して交信することができます。

≪レピータエリア内の局と交信≫
D-STARとは
※ゲートウェイを介するインターネット接続や他のゾーンのレピータへの接続に必要な情報の管理は、JARLの管理サーバーが行うため、事前にJARLに登録し、D-STARトランシーバーに設定するIPアドレスの貸与を受ける必要があります。

ID-1(JA3YUA局)の設定
RPT1に自局からのアップリンクのレピータ、
RPT2にはそのゾーンのGW(ゲートウェイ)が接続しているレピータコールサイン+末尾に「G」を設定します。

D-STARとは
※ID-1本体で設定する場合は本体のメモリ機能を使って、レピータや相手局のコールサイン等を設定します。
■ 他のゾーンでCQを出したい ■

CQを出したいゾーンのレピータを指定することで、希望ゾーンで不特定多数の局に呼びかけることができます。

≪レピータエリア内の局と交信≫
D-STARとは
※ゲートウェイを介するインターネット接続や他のゾーンのレピータへの接続に必要な情報の管理はJARLの管理サーバーが行うため、事前にJARLに登録し、D-STARトランシーバーに設定するIPアドレスの貸与を受ける必要があります。

ID-1(JA3YUA局)の設定
相手局には最初に「/」を入れ、その後にCQを出したいレピータのコールサインを設定。
RPT1には自局のアップリンクレピータ、
RPT2にはそのゾーンのGWの接続しているレピータコールサイン+末尾に「G」を設定します。

D-STARとは

※ID-1本体で設定する場合は本体のメモリ機能を使って、レピータや相手局のコールサイン等を設定します。
■ インターネットにアクセスしたい ■

ゲートウェイに接続しているレピータを介して、インターネットにアクセスすることができます。

≪レピータエリア内の局と交信≫
D-STARとは
※ゲートウェイを介するインターネット接続や他のゾーンのレピータへの接続に必要な情報の管理はJARLの管理サーバーが行うため、事前にJARLに登録し、D-STARトランシーバーに設定するIPアドレスの貸与を受ける必要があります。

ID-1(JA3YUA局)の設定
相手局にはそのゾーンのGWに接続しているレピータコールサイン、
RPT1には自局のアップリンクのレピータコールサイン、
RPT2に相手局で設定したコールサイン+末尾に「G]を設定します。
相手局のスペースには、コールサインのみ入力してください。


D-STARとは
※ID-1本体で設定する場合は本体のメモリ機能を使って、レピータや相手局のコールサイン等を設定します。
★★★ アイデア次第でどんどん広がるD-STARの世界★★★
 
 D-STARレピータは、北海道地区2局、東北地区1局、関東地区7局、東海地区5局、関西地区6局、中国地区1局、四国地区2局、九州地区1局が開設し、全国的に拡がっています。 (平成18年5月現在)

 
■ 遠隔受信 ■

音声⇔データ変換器、デジタルトランシーバー、インターネット回線等を介して、
遠隔地で受信したアマチュア無線の音声を聞くことができます。
他地域での電波状態などを把握、分析することが可能です。
D-STARとは
※ゲートウェイを介するインターネット接続や他のゾーンのレピータへの接続に必要な情報の管理はJARLの管理サーバーが行うため、事前にJARLに登録し、D-STARトランシーバーに設定するIPアドレスの貸与を受ける必要があります。
■ 遠隔モニター ■

ID-1にWebカメラを接続すると
遠隔地からその画像(動画ではなく、一定時間毎に送られてくる静止画)を見ることができます。
D-STARとは
※ゲートウェイを介するインターネット接続や他のゾーンのレピータへの接続に必要な情報の管理はJARLの管理サーバーが行うため、事前にJARLに登録し、D-STARトランシーバーに設定するIPアドレスの貸与を受ける必要があります。
上記内容は、アイコム・JARLのホームページのD-STARに関するぺーじを参考にしております。
※D-STARは社団法人日本アマチュア無線連盟の登録商標です。
 
D-STARについての詳しい内容は、JARL(社団法人日本アマチュア無線連盟)のホームページ、
ICOMのホームページ D-STERカンタンガイドブック、
ICOMのホームページのこれだけは知っておきたい基礎知識 をご覧ください。
お気軽にメール・お電話(0558-72-2961)でお問い合わせください。